official-organ 機関誌『公益法人』

機関誌『公益法人』は、当協会の設立当初から会員法人様に毎月お送りしている月刊誌です。
本誌は、公益法人、一般法人にかかわる最新の情報、法令解説、実務記事をスピーディーにお届けするほか、研究レポート、インタビュー記事、コラム等も盛り込み、斯界唯一の総合誌として各方面から評価をいただいております。
会員法人様の公益的活動を写真掲載にてお伝えする場として、本誌表紙をご活用ください。
毎月、会員の皆さまはもとより全国の行政庁から非営利セクター関係者が目にする本誌表紙の広報効果は大きいと考えます。

『公益法人』2022年7月号(通巻599号)

政府の新たなグランドデザイン・骨太の方針が決定され、民間で公的役割を担う新たな法人形態が提言されています。この中で、財団・社団等の既存の法人形態の改革も言及されています。

特集では、財団等の「評議員会の役割」についての日本NPO学会の模様を伝えています。非営利法人の形態を改革していくための重要な示唆が含まれていると思います*。

また、新たな制度としての「消費税のインボイス制度」は、改修等が必要な場合もあるので早めの対応が求められます。それぞれ是非ご一読のほどを。

*日本NPO学会第24回研究大会(2022/6/11)Aセッション一般パネル「財団等の評議員会の役割をめぐって」登壇者資料

「学校法人、及び財団法人における評議員会制度の意味」(岡本仁宏氏) 「学校法人制度と評議員会の意義」(両角亜希子氏) 「評議員制度の在り方検討レジュメ」(鈴木勝治氏) 「ガバナンスと評議員会」(溜箭将之氏)

皆さまのお声をお聞かせください!

アンケートをはじめましたので、ご協力ください。
下記アドレスのフォームより、ご意見・ご感想お待ちしております。

アンケート ご回答

機関誌「バックナンバー」

これまでに発行された機関誌の紹介はこちらからご覧になれます。

  • 2022年6月号(通巻598号)

  • 2022年5月号(通巻597号)

  • 2022年4月号(通巻596号)

  • 2022年3月号(通巻595号)

  • 2022年2月号(通巻594号)

  • 2022年1月号(通巻593号)

  • 2021年12月号(通巻592号)

  • 2021年11月号(通巻591号)

  • 2021年10月号(通巻590号)

  • 2021年9月号(通巻589号)

  • 2021年8月号(通巻588号)

  • 2021年7月号(通巻587号)

  • 2021年6月号(通巻586号)

  • 2021年5月号(通巻585号)

  • 2021年4月号(通巻584号)

機関誌『公益法人』 | 公益財団法人 公益法人協会