公益財団法人 公益法人協会

文字サイズ大標準小
ホーム > 公益法人協会について

新公益法人制度10周年を迎える公益財団法人公益法人協会


 公益法人協会は、1972(昭和47)年10月、総理府(現総務省)所管の公益法人として設立され、新たな公益法人制度の下で、2009(平成21)年4月公益財団法人公益法人協会としてスタートし、昨年45周年を迎えました。創設者は印刷会社耕文社の社長であった故渡辺昌夫氏。当時、公益法人に関する専門書がないことを都庁の友人から相談され、『公益法人の理論と実務』を創刊し、公益法人に関して民間で調査、研究し、かつ気軽に相談できる組織を作り、民のための横の連携を深めていくことが必要と感じ設立をしたようです。「公益法人の健全なる育成発展に貢献し、もって公共の福祉の増進に寄与すること」を公益目的とし、公益法人全体の育成事業、調査研究、公益法人間の交流事業等を行ういわば中間支援団体でした。現在では公益財団法人助成財団センターや特定非営利活動法人日本NPOセンターなどの中間支援組織がありますが、ニーズは多くあったにもかかわらず、当時は公益法人を横断的に支援する法人はなく、ユニークな存在でした。


 2008年(平成20年)に公益法人制度改革三法が施行され、公益財団法人公益法人協会は、対象となる団体をより拡大し、複雑な環境にも対応できるよう「公益活動を担う団体による自律的で創造的な公益活動を推進、支援することにより、社会における非営利セクターの役割の向上と発展に寄与すること」を目的として、@民間公益活動の普及啓発事業(公1)、A民間公益組織の支援・能力開発事業(公2)、B民間公益活動、組織及び制度の調査研究及びそれに関する提言事業(公3)の三つの事業を行うことになっています。


 三つの柱のうち、公1では、公益法人、一般法人等に向けたわかりやすい実務、会計などの書籍の出版、WEBサイトとして、ホームページ、メール通信等、国内外連携では、公益法人を取り巻く国内外の環境の変化に留意し、休眠預金未来構想プラットフォームや全国レガシーギフト協会等と連携を保ち、海外の中間支援組織との連携も密にし、双方向の情報交流を図っています。また若者に対し、公益法人の実態を理解してもらうため、公益法人協会へのインターン生の受け入れも行っています。特に2018年度(平成30年度)は新公益法人制度施行10周年になります。そこでこれを記念し、同年12月に、公益財団法人助成財団センターとの共催で、シンポジュウムを企画しています。

 公2では、公益法人協会の専門性を発揮できる1)相談室、2)セミナー、3)機関誌、4)情報公開を通して、公益法人等非営利法人全般の民間公益活動の推進のための支援を適格に行ってまいります。

 公3では、調査研究・提言事業として、本年12月が新公益法人制度施行10周年ということで、すでに立ち上げている民間法制・税制調査会において、研究者、実務家が一堂に会して、この制度の問題点などを率直に議論し、民間非営利セクターによる公益活動がより効果的に推進できるよう、法制・税制についての見直しを提言して行きたいと思います。


 

公益財団法人 公益法人協会

理事長 雨宮 孝子

 

公益セクターについて
相談
セミナー
出版
会員サービス
政策提言
調査研究
公益法人協会について
リンク集
このページのTOPへ