公益財団法人 公益法人協会

文字サイズ大標準小
ホーム > 出版

書籍案内

民間非営利団体関係者必携!!

改訂版 新公益法人制度はやわかり

−新制度のもたらす影響と市民社会の課題−

公益財団法人 公益法人協会 編集

A5判・192頁

定価:1,210円(1,100円+税10%)*会員価格:968円(880円+税10%)

2008.11.5発行


改訂版 新公益法人制度 はやわかり

新公益法人制度を図表でやさしく解説。税制関係を全面改訂。

公益法人制度改革関連3法がいよいよ本年12月1日に全面施行され、これにあわせて公益法人関連の新税制も施行されます。
現行公益法人の根拠法である民法の法人の章は1898年に施行されて今まで続いてきましたが、実に110年目の大改正ということになります。また、公益法人税制も1950年のシャウプ税制が元になっていますから、こちらも60年ぶりの大改正ということになります。
本書は、平成19年4月に刊行した『新公益法人制度はやわかり』をその後の進展に即して改訂したものです。改革の意義、新制度の概要、公益認定システム、そして新制度下の公益法人経営、新制度の市民社会への影響ならびに新税制のあらましについて、一般の方々が一読してご理解いただけるよう、図や表を多用して解説しています。新制度理解のための入門書としてご活用ください。
(2008.11.5 改訂版第1刷発行)


本の購入・注文

− 《主要目次》 −

第1章 制度改革の理念と問題点

改革の意義・目的/改革の方向等

第2章 公益法人制度改革3法の成立

関連法の構成、国会の審議経過等

第3章 公益法人制度改革3法の内容

法人としての規律と要件/公益社団・財団法人とは/移行の仕組み等

第4章 新制度下の公益法人経営

定款自治と自己責任経営の原則等

第5章 新制度のもたらす影響と課題

私たちの社会への影響、課題等

第6章 新制度の税制はどうなる

検討経緯、報告書の概要

資料編 (国会質疑抄、制度改革年表等)

公益セクターについて
相談
セミナー
出版
会員サービス
政策提言
調査研究
公益法人協会について
リンク集
このページのTOPへ