公益セクターとは

私たちの社会は、多くの組織から成り立っています。国や地方自治体など公的組織があり、経済活動をするためには、株式会社に代表される企業組織があります。そしてもう一つ忘れてはならないのが非営利組織です。


非営利組織は、営利を追求することが目的でなく、社会の人々が求めることを自発的に実行する組織です。


非営利組織の目的には2つのタイプがあります。

  1. 健全な子育ての支援、高齢者の福祉、環境の保全、学術・科学技術の支援、文化芸術の保存・普及など社会の多くの人々に貢献するタイプ
  2. ある特定のグループのために活動するタイプ(同窓会、県人会、マンション管理組合など)

国や地方自治体など公的組織のことを第一セクター、企業組織は第二セクター、そして非営利組織のことを“サードセクター(第三セクター)”とよびます。最近では、非営利組織をまとめて、非営利セクター(non-profit sector)、あるいは、市民社会組織(civil society organizations)とよぶこともあります。


「公益セクター」とは、サードセクターのうち、特に上記 1.を目的とするような公益型の非営利組織のことをさします。具体的には、公益社団・財団法人、特定非営利活動法人(NPO法人)、学校法人・社会福祉法人等特別法に基づく公益型法人、法人格を持たない団体(自治会・町内会等地縁団体、ボランティア団体等)といった民間非営利組織のことです。一般社団・財団法人も公益活動を目的とするものは、これに含まれます。医療法人や協同組合については、公益セクターに含まれないとの考え方もあります。また、公益的な活動を主な目的とする営利組織からなる、いわゆる社会的企業も公益セクターにふくめられることもあります。


  (注) より詳細な情報は、順次掲載してまいります。