調査研究 調査研究報告書

新公益法人会計基準に関するアンケート

2005年

2005年11月 現在

依頼数 回答数 回答率 左以外、
エラー回答数
9,119 1,418 15.8 % 21

アンケート結果詳細

質問1 周知度

新公益法人会計基準 (以下「新会計基準」) の決定について貴団体ではどの程度周知されていますか。

回 答 内 容 回答数
1. 法人の代表者まで知っている。 556 39.2 %
2. 担当理事まで知っている。 447 31.5 %
3. 会計担当者は知っている。 366 25.8 %
4. 知らなかった。 49 3.5 %
合    計 1,418

質問2 理解度

会計処理を行っている担当者は、新会計基準をどの程度理解されていますか。

回 答 内 容 回答数
1. 速やかに適用できる程度にまで理解している。 154 10.9 %
2. 概要については理解している。 1,012 71.4 %
3. よく分かっていない。 252 17.8 %
合    計 1,418

質問3 適用予定

新会計基準の適用予定につき、当てはまるものを一つお選びください。

回 答 内 容 回答数
1. 適用する予定である。 1,122 79.1 %
2. 適用する予定はない。 17 1.2 %
3. 適用するか、適用しないか未定。 279 19.7 %
合    計 1,418

※ 質問3で「 1.適用する予定である。」と回答された方のみ該当。

質問4-1 適用時期

新会計基準はいつ頃から適用する予定ですか。

回 答 内 容 回答数
1. 平成18年4月1日から19年3月31日までに開始する事業年度(平成18年度)から適用する予定。 956 85.2 %
2. 平成19年4月1日以降開始する事業年度(平成19年度またはそれ以降の事業年度)から適用する予定。 166 14.8 %
合    計 1,122

※ 質問4-1で「 2.平成19年4月1日以降開始する事業年度から適用する予定。」と回答された方のみ該当。

質問4-2 適用時期

平成19年度またはそれ以降の事業年度から適用としている理由(平成18年度から適用しない理由)は何ですか。

回 答 内 容 回答数
1. 担当職員の新会計基準の理解が不十分であるから。 19 11.4 %
2. 会計システムの変更が間に合わないから。 41 24.7 %
3. 公益法人制度改革の動向を見た上で決めたいと思っているから。 50 30.1 %
4. 他の公益法人の動向を見て決めたいと思っているから。 31 18.7 %
5. その他。 25 15.1 %
合    計 166

※ 質問3で「 2.適用する予定はない。」と回答された方のみ該当。

質問4-3 適用時期

新会計基準を適用しない理由は何ですか。

回 答 内 容 回答数
1. 法令や所管省庁の指導により他の会計基準を適用することを求められているから。 0 0.0 %
2. 会計基準の変更にはコストがかかるから。 4 23.5 %
3. 公益法人制度改革の結果、公益性を有する非営利法人とは認められない可能性があるから。 0 0.0 %
4. その他。 13 76.5 %
合    計 17

※ 質問3で「3.適用するか適用しないか未定。」と回答された方のみ該当。

質問4-4 適用時期

適用するか適用しないか未定の理由は何ですか。

回 答 内 容 回答数
1. 新会計基準についてまだ理解していないから。 113 40.5 %
2. 公益法人制度改革の動向を見た上で判断しようと思っているから。 82 29.4 %
3. 他の公益法人の適用状況を見て決めようと思っているから。 46 16.5 %
4. その他。 38 13.6 %
合    計 279

質問5 研修会

これまで新会計基準の研修会等に参加したことはありますか。

回 答 内 容 回答数
1. 参加したことがある。 949 66.9 %
2. 参加したことはない。 469 33.1 %
合    計 1,418

質問6 研修会

今後、新会計基準の研修会等に参加したいと思っていますか。

回 答 内 容 回答数
1. 参加したいと思っている。 1,171 82.6 %
2. 参加したいとは思っていない。 247 17.4 %
合    計 1,418

質問7 研修会

新会計基準の市販ソフトが出れば、利用したいと思っていますか。

回 答 内 容 回答数
1. 利用したいと思っている。 827 58.3 %
2. 利用するつもりはない。 591 41.7 %
合    計 1,418