公益財団法人 公益法人協会

文字サイズ大標準小
ホーム > 出版

書籍案内

 KOHOKYO Library 4 

 

これだけは知りたい!

公益認定申請はやわかり

公益法人協会 編集

A5判・224頁

定価:1,620(税込)  (会員価格:1,296円(税込))

2016.2.25発行


これだけは知りたい!公益認定申請はやわかり

民間による公益の増進のために!!
新しい「公益」は、自分たちが創る!!
公益法人は、社会的信頼と支援が望めます。
そして、税制優遇が得られます。

「公益認定の基準は大変厳しい」
「会計の知識がないと申請書が作れない」
「事務量が膨大で、少人数の法人では手に負えない」...
かなり、誤解があるようです。
本書を読んで、安心、納得。


○認定の仕組みと取得、その後の手続きまでを網羅的に解説
○認定取得の“キモ”である公益性の説明、財務3基準等を詳述
○申請スケジュール、記載例、モデル定款はじめ図表を多数掲載

本の購入・注文

− 《主要目次》 −

序 公益認定申請にあたっての心構え

第1章  公益法人の基礎知識

T 公益法人とは

 1 公益認定法の目的

 2 公益法人になるには

 3 税制上の支援措置

U 公益法人に求められるもの

 1 公益目的事業をきちんと実施すること

 2 公益法人は品行方正であれ

V 基礎知識のまとめ

 1 公益法人と一般法人の「制度」上の比較

 2 公益法人と一般法人の「税制」上の比較

第2章  公益認定取得へのプロセス

       (公益認定の仕組み、申請手順、事前準備、認定後の手続き)

T 公益認定申請に先だって

 1 目的と事業の再確認

 2 「公益法人になる」その意志確認と決断

U 公益認定申請の仕組みと申請書類

 1 公益認定申請の仕組み

 2 公益認定申請書

 3 申請にあたっての留意点

 4 申請後の審査について

 5 申請のための手引き等

V 公益認定申請の事前準備

 1 公益認定申請書添付書類の準備

 2 申請スケジュール例

W 公益認定を受けた後の手続き

 1 登記の手続き(名称の変更)

 2 税務関係の手続き

 3 その他の事務的な手続き

第3章  公益性を有することの説明

      (18基準のクリア、公益性の明確化、財務3基準、申請書類作成のポイント)

T 審査と認定

 1 審査

 2 認定

 3 欠格事由

U 公益認定基準

 1 目的・事業の性質・内容に関するもの

 2 財務に関するもの

 3 機関に関するもの

 4 財産に関するもの

 5 まとめ

V 公益性の検討と明確化

 1 公益性を有することの明確化

 2 事業の区分とグルーピング(事業の再編成)

W 財務3基準

 1 収支相償

 2 公益目的事業比率

 3 遊休財産額の保有の制限(遊休財産額規制)

X 収支の確認と3会計への財産区分

 1 法人全体の収支の確認

 2 使途に応じた3会計(公益目的事業会計、収益事業等会計、法人会計)の財産区分

Y その他基準

 1 50%超の株式保有の禁止

 2 高利貸等の禁止

 3 特別の利益供与の禁止

 巻末資料

公益セクターについて
相談
セミナー
出版
会員サービス
政策提言
調査研究
公益法人協会について
リンク集
このページのTOPへ